2013 金相場

スポンサーリンク

2013年の金相場

先物取引や金の売買を行っている方にとって、今年の金相場はとても気になる物でしょう。
2013年の金相場はどの様な変動を遂げるのでしょうか。

 

2013年の金相場は、4,695から開始しました。
そこから変動をして行き、4月上旬でぐんと上昇し、直後に一気に下落したのが、現在の状況です。
今現在は4月中旬の下落から少しずつ上昇していますが、今後はどれほどまで金相場が伸びるかどうかはわかりません。

 

金相場の予測を立てるには、今までの傾向、今年の傾向、始値と高値、安値等から予測するしかありません。
現在価格からどれだけ伸びる事が出来るのか、下がってしまうのかを確実に把握する事は難しいでしょう。

 

今までの年の見てみれば、ある程度2013年の金相場予測をする事が出来るかも知れません。

 

2013年は、グラム単位で月平均5,000円代となかなかの高値から始まりました。
2012年は最高額でもグラムで4,000円代以内の上昇だったので、今年は去年に比べて高値になり易いのかも知れません。

 

しかし、金相場が高いという事は買い時に悩まされるという事です。
出来るだけ安い時期に購入したい物ですが、いつ上昇するか下落するかが分からないのが、金相場なのです。

 

これは、金相場の変動だけでは無く世界情勢や様々な方の金相場予測も参考にしなければいけません。

 

2013年は始まってまだ半年も経っていません。
ここからどれだけ金相場が変動するのかどうか、とても楽しみですよね。

スポンサーリンク